• タイムカードの必要性

    • 会社に出社すると、タイムカードを専用の機械に入れていきます。
      退社するときも同じく機械に入れていきます。

      カードには機械に入れた時間が打刻されていきます。

      これを出社した日におこない、30日が経過するとカードが回収されます。


      回収されたカードはそのカードの時間を計算して、1カ月その人がどれくらい働いたかを集計して、給与、残業費の計算を行います。会社側としては、給与計算に必要なシステムになります。

      このタイムカードは給与計算するためのものでしたが、近年の用途は給与計算だけではありません。


      労働時間の管理ツールとしてとても大切になっております。



      最近、労働者の過労死、違法残業が社会問題となっており、国会でも法整備の必要性が議論されています。
      そのために、日々の労働時間を管理するシステムとしてタイムカードが注目されています。
      しかし、タイムカードでは1カ月後でないとその人の労働時間がわかりません。

      近年はインターネット、通信回線の高速化などから、機械と本社のコンピュータを接続することができるようになりました。そのため、カードに打刻した時間は、オンラインで本社のコンピュータに記録される仕組みが出来上がりました。

      今、最も注目を集めるT-SITE関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

      その仕組みがあれば、社員の労働時間は日々管理できるようになります。


      過労死につながるような違法な残業をしてたら、すぐにわかるようになるでしょう。タイムカードは労働時間を管理するだけでなく、社員自体を管理するシステムになってきています。



  • ITの情報まとめ

    • タイムカードによる勤怠管理に向いている企業について

      勤怠管理の方法には様々な種類がありますが、その中でも最も歴史的に長く知名度が高いのがタイムカードを利用する勤怠管理のシステムです。この仕組みを採用している企業は非常に多いのですが、この仕組みを活用するのが特にオススメされる種類の企業と言うものが存在している。...

  • ITのテクニック

    • タイムカードは導入コストの安さがポイント

      タイムカードによる勤怠管理のシステムの導入は安い金額で済ませることができると言う点が大きな魅力となっています。比較的小規模な事業場の場合にはこの仕組みが最適であり多くの企業で導入されています。...

  • 身になる知識・ITをもっと知る

    • タイムレコーダーとは

      タイムレコーダーとは企業において社員の勤怠管理などに用いられる機器のことを言います。出退勤の時刻を記録することが出来、中には労働時間や時間給計算の行えるものもあります。...

    • タイムレコーダーと勤怠管理の関係

      世の中には様々な企業がありますが、多くの職場が複数の従業員を抱えており勤怠管理の必要性が発生していると言う状態にあります。このような勤怠管理は少人数であれば比較的問題もなく管理していくことができますが、ある程度の人数になってくると勤怠管理のための仕組みというものが必要になります。...